カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
  最新記事
  カテゴリー
  バックナンバー
   

今週の御言葉

はやねえ
2019年11月10日礼拝

交 読:伝道者の書 3章1〜8節    
通 読:創世記 8章 
御言葉:ローマ人への手紙 8章28〜32節  

神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。 なぜなら、神は、あらかじめ知っておられる人々を、御子のかたちと同じ姿にあらかじめ定められたからです。それは、御子が多くの兄弟たちの中で長子となられるためです。 神はあらかじめ定めた人々をさらに召し、召した人々をさらに義と認め、義と認めた人々にはさらに栄光をお与えになりました。 では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。 私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。                                                                                                                                                                           
    
<< 祝日〜 | home | 忘年会?! >>

今週の月曜の祝日の夕方に思いがけない電話が。
JRの重鎮メンバーが、出先の下り道で転び、右脚の膝が強打

して立てなくなったよう。何とか帰宅〜しかしただ事ではない

様子に私もアタフタ。私も奥さんも救急病院に行くようすすめ

たが、本人の判断で行かなかったという。火曜日の朝はメンバ

ーの迎えを受けて出社〜しかし立つことも歩くこともできない

ひどい状態に(ああ〜やっぱり)彼の予定は毎日ぎっしり。
昨日も外せない急ぎの仕事が〜急きょ同行を頼み、帰りに病院
に行ってもらうように伝え、私は朝会を終えて、祈らせてもら

い篠山に〜篠山ではメンバー夫婦とランチ〜その後は黒豆関連

の仕入先との重要な打ち合わせ〜車を降りる寸前にもう一度短

く祈り会社を訪問。話は私たちの煩いを超えて、思いがけない

最善な方向に進みびっくり(ええっ〜感謝!!)

その後はメンバーの怪我が気になり、とんぼ返りで豊中へ。

靭帯損傷寸前だったらしく、太ももから足首までの取り外せる

ギブスのようなものを巻いて帰社。
何故こんなことに?!〜休日の朝、出かける前に奥さんから祈

りましょう〜と声をかけたが、本人は祈らなかったとのこと。
その日はこれくらいは大丈夫だと、砂利の坂道をおりていたら、

左足が滑り、右ひざは大きく曲がり強打して動けなくなった。

今週の御言葉『兄弟たち。あなたがたは、自由を与えられるた

めに召されたのです。ただ、その自由を肉の働く機会としない

で、愛をもって互いに仕えなさい〜 もし互いにかみ合ったり、

食い合ったりしているなら、お互いの間で滅ぼされてしまいま

す。気をつけなさい』(ガラテヤ5−13〜15)
まったく人ごとではない〜主を恐れ、主を認め、主にあって生

かされること〜これが大原則だと、また背筋を伸ばされた。

 


▲このページの先頭へ