カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
  最新記事
  カテゴリー
  バックナンバー
   

今週の御言葉

はやねえ
2019年11月10日礼拝

交 読:伝道者の書 3章1〜8節    
通 読:創世記 8章 
御言葉:ローマ人への手紙 8章28〜32節  

神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。 なぜなら、神は、あらかじめ知っておられる人々を、御子のかたちと同じ姿にあらかじめ定められたからです。それは、御子が多くの兄弟たちの中で長子となられるためです。 神はあらかじめ定めた人々をさらに召し、召した人々をさらに義と認め、義と認めた人々にはさらに栄光をお与えになりました。 では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。 私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。                                                                                                                                                                           
    
<< 終りに〜 | home | 67歳〜 >>

もう週末〜昨日の午後は銀行主催の講演会に出席。

テレビやラジオで大活躍のジャーナリスト長谷川 幸洋氏〜

お話はとても興味深く、グローバルな視野で気になる各国の

動きや日本の将来を予見〜聞き入ってしまい、何だか目から

うろこ。また思いも寄らない視点からの話には、少なからず

カルチャーショック〜うーん、まったく違う認識だ?!

報道やネットからの情報〜またあまりにも知らなすぎること、

その上自分よがりな解釈?!講演者のお話がどうあるかを超

えて、何が正しいのか?また現実はどうなのか?今後の世界

情勢も、日本の将来も、定かなものは何もない。しかし危う

い歩みのど真ん中にいることだけは間違いない。

ただ何を知ろうが知るまいが、いま私は、悔いのないように、

成すべきことは心を尽くして成し、そうでないものには動か

ず、ぶれずに一日一日を過ごしたい!とまた願う時となった。

また久しぶりに会えた若手企業家の方との昼食の時や、会場

までの往復を同乗させてもらい、とても幸いな時間を(感謝)

今週のみことばの中段に思いを馳せよう『主に信頼し、主を

頼みとする者に祝福があるように。 その人は、水のほとりに

植わった木のように、流れのほとりに根を伸ばし、暑さが来

ても暑さを知らず、葉は茂って、日照りの年にも心配なく、

いつまでも実をみのらせる』(エレミヤ17−7・8)

主を見上げ、主に信頼して歩ませてもらう道が前にある〜

自分にとって都合の良いみことばの解釈ではなく、ただその

道、ジーザス・ロードを歩ませてもらいたい(祈)


▲このページの先頭へ