カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
  最新記事
  カテゴリー
  バックナンバー
   

今週の御言葉

はやねえ
2019年11月10日礼拝

交 読:伝道者の書 3章1〜8節    
通 読:創世記 8章 
御言葉:ローマ人への手紙 8章28〜32節  

神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。 なぜなら、神は、あらかじめ知っておられる人々を、御子のかたちと同じ姿にあらかじめ定められたからです。それは、御子が多くの兄弟たちの中で長子となられるためです。 神はあらかじめ定めた人々をさらに召し、召した人々をさらに義と認め、義と認めた人々にはさらに栄光をお与えになりました。 では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。 私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。                                                                                                                                                                           
    
<< 猛暑〜 | home | デビュー?! >>

今日は週明け2日目の火曜日〜数字&週間予定の報告の朝。

昨日の朝は、水隣の常任理事会に直行。いつもながらさまざ

まな議題が山積〜社会福祉法人の働きの日々の大変さは想像

を超える。また理事長の聡明で的確な判断とあまりにレベル

の高い対応と凄さに、言葉を失ってしまう。

また施設長や職員の方々の頑張りと踏ん張りには頭が下がる

ばかり。私は会の始まりと終わりに祈る任を預かっているが、

ただ心を尽くして祈る〜これが精一杯だ。

昨日の夕方は宣教師の彼が帰国していて、若者男性5人との

食事会。久しぶりの再会〜さまざまな話を聞く中、あまりに

重たい内容に身体が震えた。主への恐れと痛みが胸いっぱい

に広がった。私の想像をはるかに超えたこと〜語ることはで

きないが、主への恐れと闇の力の怖さにびびってしまった。

昨晩は和やかではなく、主の器に課せられた任の大きさと、

主への命を懸けた本気の取り組みに、圧倒的な敗北と主の勝

利をみた。主に従うとは、人には出来得ない働きだ〜ただ主

の栄光と輝きを目の当たりにした。私は何をしているのか?!

何と生ぬるい日々を過ごし、まるでこれが精一杯だと弁解し

ている(無様だ)帰り際に彼はハグをしてくれた〜いっきに

涙が溢れた。生きて、生きて、また再会できますように(祈)

主にあって生かされる本物の器と出会えるとは、何と幸いな

ことだろう。羨ましかった!そして悔しかった?!

昨晩はお酒を飲もうと薬を飲もうと、ほとんど一睡もできな

いままんまで朝を迎えた。このままではアカンな!


▲このページの先頭へ