カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
  最新記事
  カテゴリー
  バックナンバー
   

今週の御言葉

はやねえ
2019年11月10日礼拝

交 読:伝道者の書 3章1〜8節    
通 読:創世記 8章 
御言葉:ローマ人への手紙 8章28〜32節  

神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。 なぜなら、神は、あらかじめ知っておられる人々を、御子のかたちと同じ姿にあらかじめ定められたからです。それは、御子が多くの兄弟たちの中で長子となられるためです。 神はあらかじめ定めた人々をさらに召し、召した人々をさらに義と認め、義と認めた人々にはさらに栄光をお与えになりました。 では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。 私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。                                                                                                                                                                           
    
<< 憐れみ〜 | home | 休日〜 >>

わぁ〜またまたまた、あっという間に週末だ。

予定が詰まった週で、今日は朝も、午後も来客が〜そして

夕方にも予定が入り、夜はお店だ。

月曜日のとん平会は、総勢11名〜むかし話に花が咲いた。

坐骨も何とか守られ、よく飲み、よく食べ、体重も増(笑)

火曜日は本気、本音会議〜まずは祈りからスタートし、各部

門の問題点や課題〜それらに対する対策、そして今後の取り

組みや新事業に対する話し合い。それぞれが真実な思いを吐

露し、長丁場のとても前向きな会議となった(感謝)

水曜日は私の定期検診と血液検査の結果を聞きに行って来た。

胃痛や体調不良や坐骨神経痛もあり、ちょっと心配していた

〜でも大丈夫だった(はぁ〜ありがとうございます!)

明日はカウンセリングと夜は食事会だ。

日曜日は礼拝と食事を終えた後、昨年末に召されたメンバー

のお母さんと、私の母の二人の納骨式だ〜母が倒れて4年と

2ヶ月、皆さんの協力と支えの中で走り終えた介護の時間。

納骨式を終えたあと、姉たちとほんとうのお疲れさま会をし

ようと計画している。

昨年のアルパインの閉館から今日まで、半端ではない試練の

日々を送っている〜いくつもの問題や課題が、頭の中に凝縮

されている感じ?!でも守られて、助けられて、今日がある。

つくづく思うのは、最も苦しみに会った時にこそ、人とのつ

ながりやその人の芯の思いや真価に触れる気がする?!

ここ数か月は特に、メンバーや他にも何人もの人たちに触れ

て、嬉しくて涙したことがあった?!しかし逆に、いつもと

はまったく違う冷ややかな対応や言葉や思いにも触れた。

しかしどれもこれもすべてが私の受ける分で、またその受け

止めや判断や考えも不確かだ。

主のまなざしや御心を受ける者でありたいと、なお願う。

 

 


▲このページの先頭へ