カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
  最新記事
  カテゴリー
  バックナンバー
   

今週の御言葉

はやねえ
2019年11月10日礼拝

交 読:伝道者の書 3章1〜8節    
通 読:創世記 8章 
御言葉:ローマ人への手紙 8章28〜32節  

神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。 なぜなら、神は、あらかじめ知っておられる人々を、御子のかたちと同じ姿にあらかじめ定められたからです。それは、御子が多くの兄弟たちの中で長子となられるためです。 神はあらかじめ定めた人々をさらに召し、召した人々をさらに義と認め、義と認めた人々にはさらに栄光をお与えになりました。 では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。 私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。                                                                                                                                                                           
    
<< 日本舞踊 | home | あれっ? >>

今日は週明け2日目〜数字&週間予定報告の朝。

日曜日の礼拝〜私たちの主要メンバーのお父さんの丸30年

の召天記念日当日だった。この方の召天を機にジーザス・ロ

ードのお墓を建立することになった。私たちの命の礎となっ

てくれたのは私の父だった〜亡くなった後5年の夢を通じ、

いのちのバトンを私に渡され、ジーザスロードは35年目に。

今年で父が召されて40年、まず父の故郷のお墓から遺骨を

持ち帰り、お墓の建立式〜その後、メンバーのお父さんの納

骨式をさせてもらったことを想い出す。あれから30年だ〜

礼拝の場の対面席に、若き日の父の写真とメンバーのお父さ

んの遺影を置かせてもらった。今は24人の方々の遺骨が共

に納骨されている。この後、昨年末に召された方と先月召さ

れた母の納骨がある〜26名だ。それぞれの方々の想い出や

証し〜主イエスの守りと導き(感謝)先駆けとなってくださ

った方々を偲ぶと同時に、私たちも明日行く道であることを

心にしっかりと覚える時ともならせもらった。

昨日は高校時代の体操部の3つ上の先輩と、仕事の話で会う

ことに〜11時半から夜8時半までの9時間の長丁場?!

50年のお付き合いとなる〜私が唯一つながり続けさせても

らった敬愛する先輩だ。大学を卒業された後、学校の先生に

なる道を歩まれると思っていたら、一般企業に就職された。

しかし就職7年目?の結婚された後、奥さまの理解の中で、

中学の教員になることを決意〜最短で教頭先生になられ、そ

の後11年間の校長職に就かれた。聡明で、真実で、凛とし

た揺るがない精神と実行力を持って走り抜かれた方だ。

今私はこの方に、新たな企画を相談させてもらっている。

話は尽きず、また私もこの50年の歩みを話しながら、どれ

ほど多くの方々に支えられ、守られ、助けられてきたかを思

い返すことに。何より先輩の語られるひと言ひと言に耳を傾

けていたら9時間が過ぎていた(わぁ〜)ただ感謝した。

父の召天から40年〜ジーザスロードは35年、お墓の建立

から30年、これからの歩みはどうなるのだろう?!

主に従う道がいつも前にある〜よろしくお願いします!

 


▲このページの先頭へ