カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
  最新記事
  カテゴリー
  バックナンバー
   

今週の御言葉

はやねえ
2019年11月10日礼拝

交 読:伝道者の書 3章1〜8節    
通 読:創世記 8章 
御言葉:ローマ人への手紙 8章28〜32節  

神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。 なぜなら、神は、あらかじめ知っておられる人々を、御子のかたちと同じ姿にあらかじめ定められたからです。それは、御子が多くの兄弟たちの中で長子となられるためです。 神はあらかじめ定めた人々をさらに召し、召した人々をさらに義と認め、義と認めた人々にはさらに栄光をお与えになりました。 では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。 私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。                                                                                                                                                                           
    
<< 決算〜 | home | やっと〜 >>

今日はもう週末の金曜日〜今週も大きな御手の下で守られた。

火曜日に篠山事業所に行き、所要を済ませ、大片づけも?!

アルパインの礼拝場に掲げてあった『万事益』の作品〜この

書を贈ってくださった方は天に召され、遺作となった。私た

ちにとってはかけがえのない命の書となり、主に向かう力と

もなっていた。この作品は事業所に掲げられていたが、今回

はぜひ我が家にと願い、火曜の夜には取り付けてもらった。

『神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された

人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくだ

さっていることを、私たちは知っています』(ローマ8-28)

神を愛する人々に対して、すべてのことは万事益となると語

られていることを心に覚え、主を恐れ、主に従う者でありた

いと心から願う。この作品には圧倒的な存在感と力があり、

目に入る度に襟を正される〜あまりに素晴らしくて胸がいっ

ぱいに〜ありがとうございます!

 

また昨日の木曜の朝方に母の夢を見た。

夢の中でも母は亡くなり、ストレッチャーでどこかに運ばれ

ていた。すると息を吹き返し、言葉を発し、我が家に帰るこ

とに〜私は現実の母の死と告別式を終えた記憶と夢の狭間で

アタフタ(汗っ)姉に連絡をするが「もう任せるわ!」と取

り合ってくれず、母には「家に帰れて、良かったねぇ」と声

を掛けながら、内心は(一人で介護?〜どうしよう?!)と

裏腹な自分の優しくない姿。そこで目が覚めた〜えっ夢?!

言いようのない母への申し訳なさに胸キュン〜母との介護の

時間は姉たちと一緒だったから乗り越えれたことも痛感。

昨朝は、思わず母の遺影にゴメンと言って出社した(笑)

今日は母の告別式以来話せていなかった上の姉とランチに♪


▲このページの先頭へ