カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
  最新記事
  カテゴリー
  バックナンバー
   

今週の御言葉

hayanee-photo.jpg
2019年1月20日礼拝

交 読:詩篇119篇89〜96節
通 読:ヨハネの黙示録 6章
御言葉:使徒の働き 10章11〜16節

見ると、天が開けており、大きな敷布のような入れ物が、四隅をつるされて地上に降りて来た。 その中には、地上のあらゆる種類の四つ足の動物や、はうもの、また、空の鳥などがいた。 そして、彼に、「ペテロ。さあ、ほふって食べなさい。」という声が聞こえた。 しかしペテロは言った。「主よ。それはできません。私はまだ一度も、きよくない物や汚れた物を食べたことがありません。」 すると、再び声があって、彼にこう言った。 「神がきよめた物を、きよくないと言ってはならない。」 こんなことが三回あって後、その入れ物はすぐ天に引き上げられた。                                                       
    
<< 契約〜 | home | はやねえの詩 >>

今日は週末の土曜日〜アルパインの忙しさに思いを馳せながらも、

私は自宅だ(すみません)今日は掃除と断捨離の日に?!

昨日は大忙しの一日だった〜ミニ会議・税理士事務所・銀行・母

のホーム・取引業者さんとの打ち合わせ〜そして夜は二人の兄貴

との食事&飲み会だ。しかしいつもとは違う〜一人の兄貴の奥さ

んの病がこの春に発覚〜その経過や状況を知るための集合だった。

私の不調で長い間会えず、1か月前に久々の再会を喜んでいた席

で聞いた話〜思いがけない状況に愕然とした。昨晩の兄貴はいつ

もと変わらないようにしていたが(こんな時間はここだけや)と

この仲間だけに見せる兄の姿があった。元気だった人の突然の病

〜どうか主の慰めと励ましと守りが、奥さんの上に、そしてご家

族の上にありますように(祈)

2017年から2018年〜大きな変化があると予感していたが、

まさに大変革の時が到来したと実感している。

私は今年で66歳〜私とともに働き、歩み続けてくださった方々

も高齢になったとつくづく思う。若い頃にはまったく分からなか

った弱さやあちらこちらに変化を体感している。主人が亡くなり

もう7年〜ちょうど私のいまの年齢だった(若かったなぁ〜涙)

アルパインにいただいた素晴らしい書がある『愛神・愛人』

心を尽くして神を愛し、思いを尽くして人を愛する〜自分はどう

だろう?!ただ心を尽くして精一杯生きてきたような気がする。

私には財産は何もないが、私の中には主のいのちがある〜これほ

どの財産は他にはない。また私にはかけがえのない人という財産

がある〜その人たちのいのちを主にあって守り、支え合うことが

使命だとも思っている〜いまその真価が問われている。

明日は水隣と豊中礼拝〜主の前になお出させてもらいたい(祈)

 


▲このページの先頭へ