カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
  最新記事
  カテゴリー
  バックナンバー
   

今週の御言葉

hayanee-photo.jpg
2018年8月12日礼拝


交 読:交読:詩篇 67篇
御言葉:コリント人への手紙 第二 4章5〜12節

私たちは自分自身を宣べ伝えるのではなく、主なるキリスト・イエスを宣べ伝えます。私たち自身は、イエスのために、あなたがたに仕えるしもべなのです。 「光が、やみの中から輝き出よ。」と言われた神は、私たちの心を照らし、キリストの御顔にある神の栄光を知る知識を輝かせてくださったのです。 私たちは、この宝を、土の器の中に入れているのです。それは、この測り知れない力が神のものであって、私たちから出たものでないことが明らかにされるためです。 私たちは、四方八方から苦しめられますが、窮することはありません。途方にくれていますが、行きづまることはありません。 迫害されていますが、見捨てられることはありません。倒されますが、滅びません。 いつでもイエスの死をこの身に帯びていますが、それは、イエスのいのちが私たちの身において明らかに示されるためです。私たち生きている者は、イエスのために絶えず死に渡されていますが、それは、イエスのいのちが私たちの死ぬべき肉体において明らかに示されるためなのです。 こうして、死は私たちのうちに働き、いのちはあなたがたのうちに働くのです。                                                                                                                                                                             
                                            
    
<< 断捨離?! | home | 電車で〜 >>

頼る

 

親に頼る

先生に頼る

友だちに頼る

気がついたら、いつも人に頼り

あてにして生きてきた

ある日、人を頼るのはやめようと決意

自分のことは自分だけで

しかし頼り癖は、私のすべての中を占拠していて

何をするにも、決めるにも

気がつくと、人を探している自分にがく然とした

頼った分、甘えた分、あてにして生きた分

私の中は、借り物でいっぱいになっていた

それらを知った日に、また頼って生きるのか?!

と自問自答、そして

小さな小さな一歩を、自立の一歩を歩み出した

大変なのに、これがいい、これでいい……

やっと始まると、なんだか嬉しくなった


▲このページの先頭へ