カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
  最新記事
  カテゴリー
  バックナンバー
   

今週の御言葉

hayanee-photo.jpg
2017年1月15日礼拝

交 読:伝道者の書8章
通 読:テサロニケ人への手紙第 1章
御言葉:ルカの福音書9章23〜26節
イエスは、みなの者に言われた。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。 自分のいのちを救おうと思う者は、それを失い、わたしのために自分のいのちを失う者は、それを救うのです。 人は、たとい全世界を手に入れても、自分自身を失い、損じたら、何の得がありましょう。 もしだれでも、わたしとわたしのことばとを恥と思うなら、人の子も、自分と父と聖なる御使いとの栄光を帯びて来るときには、そのような人のことを恥とします。                                                                                             

    

今日はアルパインの朝。

昨日は母のホームの帰り道に、久々に会えた人とのランチタイム。
その後は、大急ぎで豊中へ〜私の契約駐車場はバックで車を入れ

なければならない〜しかし昨日は多くの車があって、方向転換が

難しく、なんとか空いていた隙間でバック〜しかし前の車の角を

擦ってしまった(ああ、しまった!〜汗っ)
その場におられた駐車場の持ち主の方に状況をお伝えし、帰社。
思い切りへこんでしまい、保険会社に連絡〜あ〜あ、やっちゃっ

た(すみません)
私はその後、篠山口でアルパインメンバーと待ち合わせている〜

経理の人に同行してもらい、とにかく謝罪。
ちょうど車の持ち主の方の場所も近かったので、その足で謝罪に。

その時、超お気に入りのイヤリングの片方が外れて、回収不能の

ドブに落ちた(あ〜あ、最悪〜涙)
ご迷惑をかけた方との連絡や後処理は委ねて、私は電車を乗り継

ぎ篠山口へ。心ダウンだ〜初めてのことでオタオタ(あ〜あ)
でも同時に自分のさまざまな思いも見た(愚かだ)でも何もかも

意味のある、どれもこれも受けること〜むしろ、こんなことで済

ませてもらい、感謝だったと心の片隅では感謝?!
篠山口では、待っていてくれたメンバーに無様さを伝えながら、

泣きごとも。そして切り替えて、賑やかな夕食を食べて帰館。
夜は男性軍とは麻雀〜そして、いつもの女性会。
今日の朝会あとは礼拝〜お客さまが不在だったので、ゆっくりと

昼前まで、日頃は出来ない話しもじっくりと。

御言葉は3箇所からの取り次ぎ〜神の言葉は生きている〜一緒

にまた主の前に引っ張り出してもらった(感謝)

今日は若者の朝会〜視点のことなる話しは私の耳には新鮮。

昨日、今日の予定ががらりと変更〜そんな昨夕、苦手な仕事が舞

い込んだ。忙しさの中では避けてしまいそうなこと〜しかし時間

の余裕があり、何とか向き合い?終えることができた(感謝)

今朝は電装会議〜時を生かしてくださる主から与えられた時間だ

と感じた。昨晩も営業部長から、私の考え方とのすれ違いに疑問

の声を〜帰宅してから大いに反省〜もう一度祈って、耳を傾けて、

できることから、修正して行きたいと思う(ぺこり)

アルパインの今日は休館〜館前はまだ雪で埋もれているとのこと

〜車で行きたいと思ったが、やはり電車に〜夕方4時半着〜篠山

口には有志がお迎えに〜そしてその人たちと夕食にと思っている。

今日は泊り、明日の朝に礼拝の時をと願っている〜では。。

 

 

今日は週明けの数字&週間予定報告の朝。

先週末の寒波で、全国的にも雪で大混乱〜アルパインも大雪で、

まるで豪雪地帯のようになっていて、学校は休校になったよう。

昨日の礼拝でも、3家族が雪のために来れず、母ともう一人の

高齢の方を合わせて13名が欠席。

しかし日頃は来れない野球少年がひさびさに参加〜顔つきも凛々

しくなり、身長も伸び、体格も見違えるほどだ(いやぁ素敵だ)

思わず写メ(笑)ババ馬鹿だ。

また今日は午前中に電車で篠山に行き、午後は礼拝をと予定して

いたが、送迎さえも難しく、アルパイン以外に住まいの家族も、

動けない状況ののよう?!(これは大変)現状の館前の写メをメ

ールしてもらってびっくり!雪は50cmも〜明日来館される予

定になっていた金融機関にも連絡〜延期とさせてもらった。

そして私も今日の移動はなくなった〜何が起こるのか?明日のこ

とさえ、ほんとうに分からない〜予定は未定で決定ではない。

すべてのすべてに主の御手がある〜ただ主に従える一週間であり

たいと心から願う。

    弱さの中で

    加齢と共に、身体のあちらこちらに
    痛みや弱さのベルがなる
    いっきに不安や心配が駆け巡る 
    大丈夫だろうか、私は
    誰かを呼ぼうか
    真夜中には、一段と不安がつのり
    悪い方ばかりに思いが傾く
    朝が来て、ちょっと気が楽になる

    病院に行けば大丈夫
    人が横にいれば安心
    ほんとうの安心とは、と自問自答
    主に信頼する者は幸いです
    そう〜 ほんとうにそうだ
    主を信頼し、揺るがない者に

      ならせてください
      いつでも、どこでも、何があっても

 

 

昨晩は52年の付き合いになった二人の兄貴たちとの時間。

新年会は嫌だという?!忘年会なら(ああやっと今年も無事に

終えれた)と安堵して飲めるが、新年会は(ああまたこの一年

が始まった〜頑張れるかな?)と思うので嫌だと(笑)

私の不調を受けての昨晩だったので、何故か昨晩は忘年会とい

う名の行きつけの焼き鳥屋での会となった??

そして新年会は、豊中の階下のお店で2月に開催予定となった。

今日はほんとうに寒〜い。昨晩は前日の寝不足もあって早く休

みたいと願ったが、何だか寝付けず、真夜中に数か月ぶり?に

暴飲暴食(こらこら)でもやっと本来の私に戻れた感?!

明日は今日よりもっと寒い?〜母の外出と礼拝出席は止めた方

がいいかもと迷う。ただ祈ってみよう。

今日は週末〜今週の御言葉(ローマ3−19〜24)の憐れみ

と恵みを、いくつものことに思いを馳せては感謝するばかり。

『律法を行なうことによっては、だれひとり神の前に義と認め

られないからです。律法によっては、かえって罪の意識が生じ

るのです…ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖

いのゆえに、価なしに義と認められるのです』

私を含め、何人ものメンバーが試練にあい、また失態があった

〜善悪の判断や考えでは落ち込むことばかり〜しかし主の愛と

恵みと脱出の道がある。なんとなんと大きな憐れみと恵みだろ

う〜ただ心から感謝します。

  BACK    | 1/897 PAGES |    NEXT  >>

▲このページの先頭へ