カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
  最新記事
  カテゴリー
  バックナンバー
   

今週の御言葉

hayanee-photo.jpg
2017年2月19日礼拝

交 読:66篇1〜12節
通 読:テモテへの手紙第 1章
御言葉:ピリピ人への手紙3章18〜21節
私はしばしばあなたがたに言って来たし、今も涙をもって言うのですが、多くの人々がキリストの十字架の敵として歩んでいるからです。 彼らの最後は滅びです。彼らの神は彼らの欲望であり、彼らの栄光は彼ら自身の恥なのです。彼らの思いは地上のことだけです。 けれども、私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主としておいでになるのを、私たちは待ち望んでいます。 キリストは、万物をご自身に従わせることのできる御力によって、私たちの卑しいからだを、ご自身の栄光のからだと同じ姿に変えてくださるのです。                                                                                             

    

昨日は、アルパインに来館くださった方々との時間は3時間。

とても有意義なひと時で、いくつもの学びもいただいた(感謝)

その後は、夕方の待ち合わせのために急いで豊中に走った。

しかし途中で腰が痛くなった〜雨がとてもきつく、下車は難し

く途中で車を止めて、身体を伸ばし〜まったく痛みは軽減せず。

何とか会社前まで戻り、メンバーに次の待ち合わせ場所まで送

ってもらった(ありがと)しかし痛い!

約束の方々が到着〜痛みを抱えながら食事場所へ〜切り替えて

飲み会(笑)今回はなかなか重い問題もあり、真顔でありのまん

まの話しも〜私の愚かさや捉え方が大きな問題だった〜それが

よく分かり謝罪。またそれぞれの本音も吐露〜あっという間の

4時間半。新しい形に切り替えて再構築することに〜駅で解散

〜気が緩んだ?途端いっきに腰がやっぱり痛くなった(あーあ)

ダウンだ〜お風呂に入り、湿布を貼り横になったが、怖い夢を

見て真夜中に飛び起きた(汗っ)

痛みで歩行困難〜先週の月曜、火曜と同じだ〜今日火曜日も、

会社を休ませてもらうことに(ぺこり)

無理をして、疲れが溜まると快復が困難になっているのを痛感

〜現実をわきまえて予定を立てよう?!…と。

 

 

今日は週明けの月曜日だが、今は真夜中。

昨日は豊中礼拝を終えて、アルパインに向かった。

途中で買い物をして、約束していた時間のギリギリに到着。

すぐに礼拝を〜豊中礼拝とは異なり、私自身が途中でフリーズ

してしまい、用意してきた資料の半分で終了?!

ボロボロ礼拝でアルパイン礼拝は終了(ごめんなさい)

思考がいきなりストップ、話しは別の道に???

祈りで終了〜こんなことは、今までにほとんどない?!

アルパインの宿泊のお客さまはおられず、みんなで食事に。

 

今日の午前中は取引先の銀行の方々が、始めて来館。

ご案内をして、一緒に食事の予定。

また夕方は二人の方々とのアポがある。

今は真夜中〜今日は書けそうにないので〜。。

今日はここまでに(ぺこり)

光の中

 

私の心の中に光が射した

薄暗いところで見ていた心の部屋

光が強くなった

わぁ、こんなに汚れている

えっ、こんな思いがあったのか

うそっ、そんなはずはない

これが本当に、私の心??

「ああ、何と愚かな姿でしょう

このような者を許してください

あなたの哀れみを感謝します」

もっと光が一段と強くなり

心の深い層にまで光が届いた

思わず息をのむ・・・

これは私じゃありません!

何のためにこんな私を見せるの?

何故こんなに私を苦しめるの

もういい加減にして

こんなことをして何になるの

光が強まるたびに、心が動揺し

言葉が反発から反逆に変化する

「私にどうしろと言うのですか

こんなものを見せられて

死ねとでも言うのですか!」

私は光の中で自己の深層を見た

神はこんな私のありのままで

『あなたを愛している!!』

と叫んでくださった・・・うそっ?!

十字架の救いが我為であることを

腹の奥深くに知らされた

主の愛に感謝します

私は主のもの、主に従います!

 

 

今日は週末の土曜日〜出かける約束があり、帰宅は深夜の予定。

今週はまたまたアップダウンの激しい週〜週明けの12時間は、

天のいのちにあって全身全霊?を傾け、翌日はダウン。

週中は仕事のことで大波乱〜また個人的にも心配事でボロボロに。

こんなにへこむかと思うほど、深く深く沈み浮上できず〜こんな

日は、自分とトコトン向き合う。なお深く自分の本音の底に到着

する?まで深く沈む?!底にはほんとうに悪い奴が生きている。

今週の御言葉にある『多くの人々がキリストの十字架の敵として

歩んでいるからです。 彼らの最後は滅びです。彼らの神は彼らの

欲望であり、彼らの栄光は彼ら自身の恥なのです。彼らの思いは

地上のことだけです』(ピリピ3−18・19)主のいのちが無

意味であり、無能のように滅びの方向に引っ張る思いが力を持っ

て立ち上がり、私を捕え、どうにもならない自分と出会う。

そしてこの後、私はこのありのままの思いを認め、そのまま主に

向かい(私はここに居ます)と伝える。そして(あなたが主です

〜どうか助けてください!)と主イエスキリストの名を呼び、叫

ぶ!有耶無耶にはしない〜すると小さな光と道が見える。

今週の続きの御言葉20節が生きて私の腹底に届いた『私たちの国

籍は天にあります』と。その後はたくさんの人たちと話す機会が

与えられ、異なる視点から、自分よがりに光を照らしてもらい、

力ももらった。そして週末の二日間、私に預けられた役割に思い

を傾け、主にあって何とか準備ができて定時に帰宅した。

しかし試練は終わらなかった〜昨晩は、3時間超の電話〜最大級

の大波が来て、息が苦しくなった〜また大きな苦悩の中に。

あんまり苦しくて、ただ主の御名を呼んだ〜与えられた御言葉は

『死に至るまで忠実でありなさい。そうすればあなたにいのちの

冠を与えよう』(黙示録2−10)大きな慰めと道を示めしてい

ただき〜そのように歩む者とさせてくださいと真剣に祈り、就寝。

明日は豊中礼拝〜そのあとは、アルパインに走り、礼拝の予定。

すべての上に、主の守りと導きと勝利がありますように(祈)

 

今日は週末の私の朝会。

今朝一番、東京の親友からのメール〜大阪にお住まいの私もよ

く知っているお姉さんが1か月前に脳梗塞で倒れられ、半身不

随になったと…何故今日の知らせ?!

その後は電装会議〜ほとんど終わった頃に、姉からのメール。

病院の検査結果でひっかかり、今日は胃カメラと大腸の検査だ

ったらしい〜麻酔が効いていて、ふらふらしているので、仕事

に支障がなかったら、迎えに来て欲しいと。今朝のメールのこ

ともあり、何も聞いてなくて、びっくり?!〜急きょ姉を迎え

に行き、母のホームにも寄り、買い物も付き合い、昼食をして、

自宅に送り帰社。今日は気になる仕事がいっぱい?!また出か

ける予定も、さてどうしようか〜今日はここまでに(ぺこり)

  BACK    | 1/903 PAGES |    NEXT  >>

▲このページの先頭へ