カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
  最新記事
  カテゴリー
  バックナンバー
   

今週の御言葉

はやねえ
2019年10月20日礼拝

交 読:詩篇 25篇1〜10節 
通 読:創世記 6章    
御言葉:エレミヤ書 17章5〜10節

主はこう仰せられる。「人間に信頼し、肉を自分の腕とし、心が主から離れる者はのろわれよ。 そのような者は荒地のむろの木のように、しあわせが訪れても会うことはなく、荒野の溶岩地帯、住む者のない塩地に住む。 主に信頼し、主を頼みとする者に祝福があるように。 その人は、水のほとりに植わった木のように、流れのほとりに根を伸ばし、暑さが来ても暑さを知らず、葉は茂って、日照りの年にも心配なく、いつまでも実をみのらせる。 人の心は何よりも陰険で、それは直らない。だれが、それを知ることができよう。 わたし、主が心を探り、思いを調べ、それぞれその生き方により、行ないの結ぶ実によって報いる。                                                                                                                                                               
    

もう週末〜昨日の午後は銀行主催の講演会に出席。

テレビやラジオで大活躍のジャーナリスト長谷川 幸洋氏〜

お話はとても興味深く、グローバルな視野で気になる各国の

動きや日本の将来を予見〜聞き入ってしまい、何だか目から

うろこ。また思いも寄らない視点からの話には、少なからず

カルチャーショック〜うーん、まったく違う認識だ?!

報道やネットからの情報〜またあまりにも知らなすぎること、

その上自分よがりな解釈?!講演者のお話がどうあるかを超

えて、何が正しいのか?また現実はどうなのか?今後の世界

情勢も、日本の将来も、定かなものは何もない。しかし危う

い歩みのど真ん中にいることだけは間違いない。

ただ何を知ろうが知るまいが、いま私は、悔いのないように、

成すべきことは心を尽くして成し、そうでないものには動か

ず、ぶれずに一日一日を過ごしたい!とまた願う時となった。

また久しぶりに会えた若手企業家の方との昼食の時や、会場

までの往復を同乗させてもらい、とても幸いな時間を(感謝)

今週のみことばの中段に思いを馳せよう『主に信頼し、主を

頼みとする者に祝福があるように。 その人は、水のほとりに

植わった木のように、流れのほとりに根を伸ばし、暑さが来

ても暑さを知らず、葉は茂って、日照りの年にも心配なく、

いつまでも実をみのらせる』(エレミヤ17−7・8)

主を見上げ、主に信頼して歩ませてもらう道が前にある〜

自分にとって都合の良いみことばの解釈ではなく、ただその

道、ジーザス・ロードを歩ませてもらいたい(祈)

昨日は週明けの数字&週間予定報告の朝。
昨日のお昼は、今年の6月に天に召された20年もお世話に

なった司法書士さんの奥さまとの会食。ご夫妻とはVIPを通

じてのつながり〜とても親しくさせてもらい、JRからの無

理な願いを聞き続け、いつも最善の提案をいただいてきた方。

まだ4ヶ月〜何だかとても寂しい〜想い出話を伺う中で、互

いに涙、涙の時間に。お世話になりました〜感謝します。
夕方は大きな苦しみに直面している人を待ちたくて、時間つ

ぶし〜久しぶりに映画に行き、吉永小百合と天海祐希主演の

「最高の人生の見つけ方」を観てきた。末期癌の二人の出会

いと関わり〜深刻ではなく、しかしどこの家庭でもありうる

話を土台に、展開は普通ではありえない話の流れ〜でも考え

させられ、いくつもの語りかけをもらった。誰もが必ず行く

道、いのちの終り〜多くの人たちが病や死に直面する日が。

地震や豪雨やさまざまな自然災害にも思いが馳せる今、また

角度を変えて、どう生きるのか〜悔いのない人生とは?!を

問われた時間となった(感謝します)

映画の終了の10分後に彼女と待ち合わせ〜顔を見たら、真

っ暗で今にも倒れそうな様子(やっぱり〜)ご飯も喉が通ら

なさそう?!でも腹ごしらえにお蕎麦を〜話している内に、

顔色が変わり少し元気に(ほっ)その後は二人で一杯〜帰り

際にはとても落ち着いた様子に〜待っていて良かった!会え

て良かった!〜いろいろある〜でも主が共におられる。また

横には彼女を愛する家族や私たちもいる(祈)

今日は週明け〜でも祝日でお休み〜今日は家でゆっくり?!

先週末の大型台風の被害の甚大さに、愕然としてしまう。

被災された方々がどれほどの恐怖と不安な時間を過ごされた

ことだろう。また過ぎ去ったあとも、さまざまな問題に直面

されて苦闘されていることを思う。自然の猛威の前に祈る以

外に何もできない〜しかしあまりにも広範囲にわたる脅威に

恐れを感じるばかりだった。これからもこうした台風や自然

災害の可能性は高い〜日本全体が、また世界中にも、そして

すべての人たちに、厳しいメッセージが届いているのでは?

何ができるだろう?!ただ神を恐れ、立ち止まり、神に耳を

傾けたい〜そして何に信頼し、どう生きるのか、ほんとうに

大切なものは何かが問われているように思う。

今週の御言葉の重さに背筋が伸びる『主はこう仰せられる

「人間に信頼し、肉を自分の腕とし、心が主から離れる者は

のろわれよ。 そのような者は荒地のむろの木のように、しあ

わせが訪れても会うことはなく、荒野の溶岩地帯、住む者の

ない塩地に住む。主に信頼し、主を頼みとする者に祝福があ

るように。』(エレミヤ17ー5〜7)

今日の午後は3か月に1度の検診&薬の処方の日だ。

今週はいつもとやっぱり違う感〜火曜の夜は最後に私も加え

てもらい麻雀タイム〜しかし大敗(あーあ)でもその後は、

相談に乗ってもらいたかった方と時間をもらうことができ、

その上ご馳走に〜話は弾み夜中の3時半(いい時間だった)

しかし1時間半くらいの睡眠〜でも早退させてもらい昨日は

ゆっくりタイムに。また今日は半休かもと伝えていたが、朝

6時に起きてしまった。それならいつもは手付かずの片づけ

や大物洗濯を(笑)また連絡をもらっていたお宅にも訪問〜

そして出社。会社では気になりながら放置していた手続をす

ることにした〜いやぁ、いつもと違う流れもいいかも?!

明日の夜は何組かのお客さまのご予約が入った〜その内の1

組の方々は私に話があっての初めてのご来店。

今週は特に不規則で、心も身体もアップダウンの連続〜週末

の台風の行方も気になるが、土曜の夜は何度もお誘いを受け

ていたお店にメンバーと行こうと決めていた〜しかし天候次

第だ〜すべては主の許しと御手に委ねて(祈)

今週の日曜日は十三礼拝〜その後は、メンバーの手を借りて、

買い物やいつもと違う動き〜終了したらクタクタに〜夜は一

緒に、近々移転されるお店で食事をし、7周年のお店でお茶。

月曜日は朝一番から名古屋に出張〜いま新企画の相談に乗っ

てもらっている外部の精鋭の男性お二人との出張(緊張?!)

まず朝一番に出社し、祈る時をもらった〜名古屋での動きも

語る言葉も受け止め方も、今後の動きについても、判断もみ

こころのままにと。そして朝9時に出発〜大きな御手の中に

ある平安をもらい、所要をしっかり済ませることができた。

何よりお二人の方々との時間が豊かに導かれ、いっきに心が

通い合い、気が付いたら12時間も一緒だった(感謝)

今日は朝一番からは会議〜祈りからのスタートを〜しかし厳

しい声を荒げる時間となり、波乱の展開に(うーん)

思わず思いっきりへこんでしまった〜でもその後、これも最

善だったと感謝する流れへと導かれた(ほっ〜ぺこり)

午後一番にはスーパー営業部長の来社を受けての打合せ〜こ

ちらの求めを超えた提案書を提案してもらった。何と何と力

強い味方だろうか〜ありがとうございます。

午後にはまたひょっこりジーザス・ロードメンバーが来社〜

また別の技術の方も。夜は食事会&久々メンバーが麻雀タイ

ムに加わられた〜まだ日・月・火の3日だが変則の週に。

今、何人ものメンバーが試練のど真ん中に(涙)どうかどう

か主の守りと慰めと励ましが豊かにありますように(祈)

 

  BACK    | 1/1025 PAGES |    NEXT  >>

▲このページの先頭へ