カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2015 >>
  最新記事
  カテゴリー
  バックナンバー
   

今週の御言葉

hayanee-photo.jpg
2015年6月28日礼拝
交 読:イザヤ書11章1〜9節
通 読:コリント人への手紙第一 5章
御言葉:ローマ人への手紙3章20〜24節

なぜなら、律法を行なうことによっては、だれひとり神の前に義と認められないからです。律法によっては、かえって罪の 意識が生じるのです。 しかし、今は、律法とは別に、しかも律法と預言者によって あかしされて、神の義が示されました。 すなわち、イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって、それはすべての信じる人に与えられ、何の差別もありません。 すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。          
                   

    

人は自分の価値や願いの方に足が向く。
いつも人や自分の中に、その人のパターンを見る〜こんなことがあれば、
このように判断し、このように動くのだろう?!またこう言えば、こんな
風な言葉が返ってくるのだろう・・・やっぱり?!
この考えが間違っているとは言えず、むしろ信頼につながることもある。
しかし思いがけない何かが生まれることは、とても少なく、期待や希望を
持って、その人を見ることは難しい。
先週末、この話しをJRメンバーに真剣に話し、新しい歩みをしよう!と
熱く語ったが、今週も、今朝も、当然のこと?ながら、まったく変わらない
一人一人に出会う。今朝は思わずつっかかってしまったが、まったく撃沈。
私も今もこの繰り返しのパターンをし続ける者だ〜しかしそこには主の道は
ない。自分の価値観や慣習や願いや思いを主の前に置き、自分の心と戦う〜
そしていつも、自分の敵は自分だけだと、また痛感し、この厄介な者のため
に、十字架にかかってくださった主に思いが馳せる。

そして主がしてくださった今日までの日々を振り返る〜私の思いをはるかに
超えた、想像もつかないような歩みへと導かれた日々だった。
私の祈りや願いの通りではなく、むしろその真反対がほとんどで、そこに
いつも感謝とぬくもりがあった。今日までの32年間、いくつもの試練や
導きを通じて砕かれ続け、何と自分の思いや願いは空しいかを、知らされ
続けてきた〜それでも、今日も私の考えや感覚や自己愛は生々しく生きて
いる〜何と強い者か〜すみません。
でも同時に、主への信仰が増し加わったことも事実だ〜私を私以上に愛し
てくださっている主に向かい、絶対的な信頼と希望と期待がある。
だからこそ、こんなに取るに足りない小さな群れが、ここまで来ることが
できたと確信している。

今週の礼拝で導かれた別の御言葉の箇所に『古いパン種を取り除きなさい』
(汽灰螢鵐5-7)と書かれてあり、ここから主の迫りが多くの者に届けら
れた?!しかし自分のものとするかどうかは、その本人次第〜新たな時が
始まったと確信しているが、いつもと変わらない歩みのパターンが、人たち
を捕まえている〜どうか主が導いてください(祈)

昨日は月末〜昨日は午前も来客、また夕方には新企画の外部パートナーも
来社したが、ギリギリまで波乱の二転三転?!ただ御心がなりますようにと
祈るだけだったが、何とか小さな初めの一歩は踏み出させてもらった(ふぅ)

夜は母が倒れてからはじめて〜50年の付き合いの2人の兄貴たちとの飲
み会。この2人が私の人生の心の原点の人たち〜ブログを見ながら、誘うの
を待っていてくれたよう。何の遠慮もない、いっきにタイムスリップして妹に
なって、あるがままの会話。〜2人は2つ上で、今年で65歳。
互いに歳を取ったから?今後はもっと頻繁に会おうと言われ、月に一度?
せめて1ヵ月半に一度は会おうと決定?!そしてこの3人は家族だから、命
が終わり、例え家族葬になっても出席は当たり前と、互いに言い合った(笑)

豊中へ着き、最近行けなかった階下のお店に立ち寄ると、会いたかった人が
来られていて、また盛り上がって遅くなって帰宅。
帰宅してからも何件ものメールのやり取り〜もう寝ようと思ったところに若い
企業経営者からの電話〜風に吹かれるように、今やまさに時の人。
今後の事業展開の話しから、信仰の話しまで、あっという間に時間がが流れ
て真夜中〜またまた寝不足の朝(眠〜い)
今日はまた予定はぎっしり〜ただ主の御心の内を歩ませてください(祈)
 

昨日はやはり思いっきり疲れていて、ちょっとボロボロ。
先週の動きと、日曜日のトリプル礼拝と車の走行、また何よりいくつもの
緊張タイムの連続や寝不足は、気が抜けた途端、いっきに疲れが噴出
してしまう。いやぁ歳には勝てないなぁ〜つくづく加齢を実感(笑)
しかし本社の最年長の方が、信じられないほどの元気パワー(凄い!)
仕事はいっさい手抜きなし、そして趣味を超えたテニスは、まるで30代
?!のよう〜小学、中学、高校、大学、前企業のお仲間、現テニス仲間
との交流も、溺愛のお孫さんとの関わりは毎週欠かすことがない。
あまりに豊かなフットワークに脱帽〜よく眠り、よく仕事をし、よく遊ぶ?
すべてが前向きで、パワフル〜どうしたらあんなに若々しく素敵に、歳を
重ねることができるのだろうか?!〜少しでも見習いたいものだ?!

昨日は思いがけない仕事の電話の連続〜また打ち合わせで人と会うこ
とにもなり、母の所に行けたのは夕方となってしまった。
胆のう炎が何とか治まり、昨日はリハビリ病棟に移動のはずだったが、
今朝一番に血液検査をしてからの移動となった。
小さくなったが、やっと食欲が戻り、食事の邪魔をしていた1本の歯がな
くなったことも合わせて、食べやすくなったよう(良かった、良かった)
夕食の介助をして病院を後にしたが、疲れで駅まで歩くのがやっと〜
帰社せずに帰宅〜今日は復活?!しっかり仕事をさせてもらおう。。
昨日はトリプル礼拝〜水隣往復とアルパインまでの車はきつかった。
しかし3つの礼拝は主の憐れみと守りの中で、聖霊の流れのある恵みの
ひと時となった〜ありがとうございました。
アルパインでの礼拝の終了後は、天使さんたちを含めて16名でいつも
行く、広島焼きのお店で夕食〜楽しかった、美味しかった(^o^)
夜はいつもの集い〜嬉しい真実なおしゃべりタイム〜3人とも祈り、
お開きに。今朝はアルパインでの朝だったが、私は仕事の電話でバタバタ。
メンバーの部屋で朝食をいただき、祈らせてもらって解散。
帰路にも仕事の電話のやり取り〜豊中に帰ってからも、電話やメール。。
また今からも人と会い、その後は母の病院に行く予定?!
週明け〜いつも主からの光のシャワー!いつもいつも生きた御言葉の
迫りを受ける。今日も厳しい迫りを受けて、ちょっとオタオタした。
今週もただ主の守りと導きのうちを歩ませてください(祈)

輝き

 

一人一人の生かされた命に

輝く道がある

多くの場合、その輝きを

喜びという心の活力の中で

ふと気づく時がある

しかし、時の流れの中で

ほこりをかぶってしまい

忘れてしまうことも多いのだろう

私を創り、私に生命を与えて

くださった神さま

私に、もし与えられた輝く道が

あるのなら、ほこりをかぶって

忘れてしまうことなく

喜びの力と共に心を開き、

輝きを失うことなく

生きることができますように

私にその道を示し、

導いてください

  BACK    | 1/779 PAGES |    NEXT  >>

▲このページの先頭へ