カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< November 2014 >>
最新記事
カテゴリー
バックナンバー

今週の御言葉

エペソ人への手紙2章13節〜16節

しかし、以前は遠く離れていたあなたがたも、 今ではキリスト・イエスの中にあることにより、キリストの血によって近い者とされたの
です。 キリストこそ私たちの平和であり、二つのものを一つにし、隔ての壁を打ちこわし、 ご自分の肉において、敵意を廃棄された方です。敵意とは、さまざまの規定から成り立っている戒めの律法なのです。このことは、二つのものをご自身において新しいひとりの人に造り上げて、平和を実現するためであり
また、両者を一つのからだとして、十字架によって神と和解させるためなのです。敵意は十字架によって葬り去られました。

                   交読:箴言8章1〜21節
                   通読:使徒の働き24章                                                                       2014年11月23日礼拝                                                                                                                                                 
放棄
今日は週末の私の担当朝会〜御言葉と試練と恵みを証し。。
昨日の一件の連絡でひとつの変更〜すると私の動きは、いくつもの変
更となった。簡単に動かせることがある、しかし変更できないことも
ある。しかしどうあれ変更だ〜さまざまな思いが交差する(うーん)
夕方まで一日中待っていた連絡は来ず?!ザワザワした心のまんまで
階下のお店へ行き、飲み始めた。
8時前にやっと電話が〜気が抜けた途端、お酒がいっきにまわった。
寝不足もあって、帰宅したが気分が悪い〜久々にもどしてしまった。
お風呂に入り、早く寝ようと横になったが、真夜中に東京の親友から、
しんどい電話がかかり1時間半。。
この1ヶ月のアップダウンは、半端ではない試練の連続〜身体を横た
えても、眠剤を飲んでも、神経が立っていてすぐに目が覚めてしまう。
しかしやはりいつも道がある〜今週の御言葉『キリストこそ私たちの
平和であり、二つのものを一つにし、隔ての壁を打ちこわし、 ご自
分の肉において、敵意を廃棄された方です。敵意とは、さまざまの規
定から成り立っている戒めの律法なのです』(エペソ2-13・14)
私の中には、私を苦しめる律法がある〜これは良いこと、これはしん
どいこと、これは無理だ、これは嬉しいetc〜。
すべてのすべてのことを主の前に持って行き、ありのまんまの心も、
思いも、願いも、主の十字架の下で、ぜんぶ真実にぶちまける。
そして主に言い逆らう、私のルールを丸ごと感謝して放棄する〜する
と平安に覆われる〜そして主が歩むべき道へと導き、責任を持って押
し出してくださる。真に苦しみ、自分ではどうすることも出来ない試
練に会うからこそ、本気で叫び、求める。その時主の十字架の勝利と
愛が、どれほど偉大で力があるかを、いつも思い知れされる。
すべてのすべてを感謝して受ける時、必ず、必ず主の道が前にある。
ただ主の十字架を感謝します〜私の敵は私だけです!主に従います!
変更
今朝の朝会は、ネット情報〜嫁姑の戦いの話。
いつも嫌味や悪口を言いふらす姑に対して、次第に憎しみの心が膨れ
あがり、ある人に相談〜毎々感謝の言葉を姑に語るように教えられ、
語り続けた時、気がつくと姑の言葉が変り、嫁の心からは憎しみが消
え去っていたというお話。唇が制御でき、言葉が変わるなら、私たち
の心の方向も変わって行くだろう。不安や心配や呟きばかりを口にす
る者と、感謝や思いやりを語る者とは、まったく違う人間関係や生活
になることだろう〜唇を守る者でありたいな。。

この1週間に私の周辺で3組のご家族が住まいを引っ越された〜新た
な生活のスタート。本来30日の日曜日に新居に祈りに伺うお宅があ
ったが、来館のお客様の変更でアルパインに行くことに。
強引に?今日の訪問を提案(ぺこり)お昼過ぎに伺うこととなった。
予定は未定で決定ではない〜今朝の電話でガラリと予定変更。それぞ
れの新居での生活が、主の守りと祝福で満たされますように(祈)
守り〜
昨日は母や有志メンバーと、アルパインを9時半に出発。
まずは私のお勧めの大津のドイツレストランで昼食、そしてその後は
メンバーが見つけた期間限定のおもしろい企画に足を伸ばした。
大津市内の創業百年以上の歴史あるお店(4店舗)で「ちょい食べ」
「ちょい飲み」できるチケットを、浜大津(ハマ・オオ・ツ)の語呂
合わせをした802円で楽しめる。ふな寿司のお店のスープ・造り酒屋
店では日本酒3種の飲み比べor酒かすプレゼント、またお漬物屋さ
んでは、好きなお漬物のお持ち帰り、そして甘味店では、お団子とお
茶のもてなし。長い歴史を持つ老舗ばかり〜4件とも素敵な笑顔で対
応してくださり、大満足で帰路に着いた。アルパインに到着後は、帰
り支度をし、母と一緒に豊中へ〜帰り際に回り寿司を食べて帰宅。

今日水曜日は全員で掃除の日〜今日からまた現実に戻っての仕事。
ON/OFFの毎日〜厳しいのに、大きな平安と守りと恵みの中だ。
次から次への試練の中で、座り込みそうになるが、感謝して受ける時、
脱出の道が備えられている体験も毎々実感。
その反対に、心を暗くして、受ける時、なお厳しい状況が重なるよう
にやってくる〜神の国のルールを守る幸いを覚えると同時に、主に信
頼して生きるか?!自分の頑張りによって生きるか?!その権限は人
に委ねられている自分との戦いを痛感。
命のルールにあって生きさせてくださいと、心から、心から願う。
別の流れ
昨日は昼一番にアルパインに入った。
アルパインに到着後は楽しみのまかない〜いつも特別な恵みをもらう。
昨日の昼ご飯は、前の日の夜のビビンバ、そしてお昼の鳥天、そして
茶碗蒸しにカレー。凄いでしょう(^。^)食べ過ぎやろう?!と思いなが
らも、なぜか全部完食してしまう〜こんな訳で、必ず体重は増加だ。
ひと組のお客さまは合宿中〜私たちはそれぞれの仕事を完了させ、
フロントメンバーに対応を委ねて、私たちは礼拝タイム。
礼拝の途中に、お客さまが帰られるとの連絡を受け、いったん中断。
再開は祈りから〜あまりにも多くの証しがあり、聖霊の流れに添えた
かどうか?!しかし恵みの礼拝だったと、後で聞き(ほっ)
久々に三人の天使さんたちも一緒に18人で広島焼きに。
いやぁ賑やかだ〜帰り道にはショッピングセンター立ち寄り、それぞれ
の買い物、そして全員でアイスクリームタイム。
帰館して、まずは入浴〜そして私は男性軍と麻雀〜いやぁ久しぶり。
アルパインは今日から3日間はお休み〜あいにくの?雨〜いやいや恵み
の雨だ(笑)今日は有志で大津まで行こうと計画〜では。。
CD
昨晩は12000歩も歩いたので、ゆっくり眠れると思ったが、そうは
行かなかった(残念)何度も目が覚め、その度に新約聖書が朗読されてい
るCDをかけて聴いた。使徒の働きの箇所だったが、いま私に対して、
主が与えようとしてくださっているものがある?のかもしれない。
今朝もいつも通りの時間に起き、身支度や朝食時も、CDに耳を傾けた
〜こんなに真面目な夜中や朝は、めったにない(笑)
心にはいくつもの考えることや責任を抱えている〜しかしそのすべて
は、私の次元を超えていることばかり。ただ主に祈り、委ね、従う以
外に、私には道がないと腹をくくらせて?もらっている感じ。
今日は用事を済ませた後、アルパインに向かって走る予定(^。^)

12000歩?!
女性3人で電車で箕面駅に下車〜溢れかえる人、人、人。
多いだろうと予想はしていた?!が、前に進むのも難しいほどだ。
ここまで来たので、川の流れがあるところまでと歩いた〜艶やかな紅
葉があちらこちらに〜わぁきれい!その声を数度あげれた箕面滝まで
の5分の1位でUターン。そして電車は止めて、豊中方面に向かい
歩き始め、まずはおぜんざいを食べに入り、ゆっくり、ほっこり〜
しかし会話は光の迫りの中で、主に近づく本気の話しに終始。
厳しいが、優しくて嬉しい、涙の真実な時間〜気がつくと2時間?!
そのまま歩きながら話し続け、笑いあり、涙ありの変な秋の夕べ。。
結局箕面から豊中まで歩いてしまった〜携帯万歩計は12000歩を
超えていた(わぁ)いやいやこれはすごい〜疲れたはずだ(笑)
6時に豊中到着〜お腹もペコペコ〜スパゲッティのお店に入り、食事
&またまたおしゃべり〜ああ楽しかった(*^_^*)
そのあと、帰宅しようと思ったが、下の姉のお店に寄ってみた〜する
と姉は、私に会いたいと祈っていたら、来てくれたと言っていた(良
かった、良かった)店の途中だったが一緒にお茶をして、先ほど帰宅。
明日はアルパインに行き、礼拝をさせてもらい、ミニ会議。
そしてメンバーと可愛い天使さんたちと夕食に行く予定〜では!
紅葉
今日は聖日〜朝一番は水隣礼拝〜171号線も水隣の園内も見事な秋
の色〜赤や黄色やオレンジ色や、あちらこちらでため息が出る。
水隣礼拝も豊中礼拝も、豊かな命の流れを受けて、恵みの時間だった。
先ほど礼拝が終わり、あまりに爽やかな秋風に、数人の女性たちと箕
面まで歩こうか?!という話しになり、紅葉の秋を楽しんで来ること
にした。まずは短い報告です〜では、では。。