カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< September 2014 >>
最新記事
カテゴリー
バックナンバー

今週の御言葉

詩篇 119篇1〜8節                  

幸いなことよ。全き道を行く人々、主のみお
しえによって歩む人々。幸いなことよ。主の
さとしを守り、心を尽くして主を尋ね求める
人々。まことに、彼らは不正を行なわず、主
の道を歩む。あなたは堅く守るべき戒めを仰
せつけられた。どうか、私の道を堅くしてください。 あなたのおきてを
守るように。そうすれば、私はあなたのすべての仰せを見ても恥じることがないでしょう。 あなたの義のさばきを学ぶとき、私は直ぐな心であなたに感謝します。 私は、あなたのおきてを守ります。どうか私を、見捨てないでください。                                     
                        交読:詩篇119篇1−16節                                                                                     2014年9月14日礼拝                                                                                                                                                 
美容室へ
今日の午前中は週報やメールの返信作業。
午後は美容室に行ってきた〜髪を少し切り、久しぶりに全体の白髪染め。
髪はとても傷んでいて、美容師さんがびっくり〜私もショック。
この近々に送られてきたシャンプーとリンスを使い始めていたが、今日で
中止して、元のものに戻すことにした〜でも分かって良かった^_^
先ほど帰宅〜さてさてこのラストの大切な日は、どのように過ごそうか?
そう思いながらも、いつも通りの自分しかいない(ふぅ)
でも振り返ると、こんな者の横にいつも人たちがいてくださったことを
思う〜ありがとう、ほんとうにありがとうございます。
明日の朝一番は水隣礼拝、そして豊中礼拝だ〜ただ一日一日が与えられた
ら、感謝して歩ませてもらおう。私は主のものです〜主に従います!!
夢〜
昨晩は階下のお店で夕食〜いつもはにぎわっている時間に、なぜか、
ジーザス・ロードメンバー3人だけの2時間半。
今日までの日々を互いに振り返り、想い出話しに花が咲き、そして
これからの歩みについて意見を語り合う場になった。
話しが一段落した途端に、お客さんが入ってこられ、私はほろ酔い
で帰宅。ありのまんまの語らいのひと時は、何と幸いだっただろう。
母もアルパインに帰り、一人の静かな我が家の夜〜お風呂に入り、
今日までの31年の歩みの守りと導きを感謝し、これからの新たな
歩み はどうなるのでしょうか?!と尋ねながら、横になっていたら、
知らない間に眠っていた。
夜中に何度も目が覚めた〜その度ごとに怖い夢や奇妙な夢を見ていた。
また起きてからも覚えている(変な感じだ)
闇の巧妙な罠の数々〜気をつけながら歩んでいるが、意識しなかった
場で仕掛けられた罠にはまり、もうダメだという場面で目が覚めた。
また親しい人と楽しげに歩いていたつもりが、大勢の人が病んでいる
町?に出てしまい、そこで息子のような宣教師との悲痛な再会。
私がもっとも苦手な猫を、なぜか家に連れ帰り、面倒を見る夢。
また会社のパソコンが、まったく別の古い、使えないものに突然変わ
っていた???夢。31年の折り返しのラスト1日前の夢〜これから
の歩みは、まさに今週の御言葉に立て!と言われているよう。
『幸いなことよ。全き道を行く人々、主のみお しえによって歩む人々。
幸いなことよ。主の さとしを守り、心を尽くして主を尋ね求める 人々。
まことに、彼らは不正を行なわず、主 の道を歩む。あなたは堅く守る
べき戒めを仰 せつけられた。どうか、私の道を堅くしてください。
あなたのおきてを守るように』(詩篇119ー1〜5)
全き道とは、人がどんなに頑張っても、慎重に歩んでも全き道にはな
らない〜ただ主が前を歩まれ、その後ろに従う道だと私は思う。
また幸いなことは、みおしえによって日々を歩み、主のさとしを守る
ものだと。また日毎にもっとも大切なことは、心を尽くして主を尋ね
求めること〜そうするとき、不正からも守られ、主の道を歩むことが
できる〜と(本当にその通りだ!アーメン!)
夢から覚めて、生ける御言葉をまた深く味わい(仰せを硬く守り、私の
道をただ主に従うだけの道を、硬く歩ませてください)と、祈った朝。

終了〜
ジーザス・ロードは31年、螢献Д・アールは28年、VIPアルパ
インローズ・ビレッジは11年〜今日までの存在を心から感謝します。
私の中の折り返しの最終日〜気になる人、気になること、会うべき人、
語るべきこと〜それぞれに届けれたかも〜私の中ではいったん終了?!
後は主の前に座り、尋ね、耳を傾け、残りの今日と明日を過ごさせて
もらいたいと思う。たくさんの方々に祈られ、支えられ、愛され、助
けられ、忍耐してもらい、今日がある〜ありがとうございます!

アルパイン組のお休みも、今日の夜まで組と明日の昼まで組みが帰っ
てくる。どんな休日を過ごしただろうか?!主の守りとそれぞれの祝
福がきっとあったことだろう。また来週顔を合わせるのを楽しみに。。
週末
昨晩の真理のセミナーは、私にとって最上の恵みのひと時だった。
9月21日を前に、今後歩もうとしている道への確認ともなった。
セミナー終了後に講師の方とメンバーと3人での交わりの時〜質疑
応答や相談、また互いの証し、何より主の御心を求めての語り合い。
帰宅したら、真夜中の1時だった(とても良い時間だった〜感謝)
今朝は私の担当の週末朝会〜厳しい話しに終始したが、御言葉に沿
い、決意と本気の思いを、改めて報告する朝となった。
その後は電装部の最重要課題の打ち合せ〜祈りから始まり、厳しい
迫りを持って臨んだ会議となった。
その後は新たな取り組みのために、税理士事務所での打ち合せ〜そ
して来週からの新たな出発に、真剣な取り組みの連続で先ほど帰社。
9月いっぱいは、今抱えているいくつものことに、ケジメをつけて、
新たな取り組みへと動き出させてもらいたいと思う。
帰社〜
時間を計ったかのように6時半に帰社した(笑)
9月21日を前に、私にとって必要不可欠な時間だった(感謝)
しかし疲れた!またあまりに長丁場だったために、腰も痛い。
もうすぐ夜の集会が始まるが、ちょっと疲れが体中に(ムムム)
とにかく切り替えて、しっかり耳を傾けて学ばせてもらおう?!
しかし大丈夫だろうか〜主にあって時を活かしてくださいと祈る。
今日の夜のブログは書けそうにありませんので、今日はここまで。
今日は
今朝一番には、昨晩退院されたご本人から、仕事復帰の電話があった
〜会社の代表をされていて、この方にしか出来ない技術を持っておら
れ、無事復帰の連絡に安堵した(良かったです)
また昨晩は電話でのカウンセリングになるかも?!と思ったが、内容
が深刻で、来週にお会いすることになった。後は報告を兼ねて牧師先
生と相談〜私に出来ることは話しを伺うだけだが、主の御心がなりま
すようにと、ただ願う。
今朝も母と朝食、そして祈り合ってから出社した〜母は今日、上の姉
と会い、食事に連れて行ってもらうよう。豊中に帰った母は、人気者
で孫やひ孫からもラブコール〜私の知らないうちに、老人ホームの友
人も訪ねたようで、涙の大歓迎を受けたと聞いた。90歳の母、足は
よろけて、手も、肩も痛みがいっぱい〜でも心は若々しく、とても素
敵だ〜何より主に向かう本気力や真剣な姿勢は学ぶことばかり。
今日の私は10時に大阪で人と会い、ちょっと真顔な時間を過ごすこ
とになりそう。今夜は2ヶ月に1度の学び会〜できれば夕方に帰社し、
講師の先生と夕食を共にたいが、他の方にも念のために代役をお願い
した。夜の集会には必ず出席したい。しかし集会終了後は先生との交
わりをいただくことに〜帰宅は真夜中の予定〜では!
姫路城
朝10時に自宅を出て、神戸の仕事を2件を終えると遅くなった。
車中でもずいぶん待たせてしまった上に、食事も遅くなった。
また姫路までの距離をあまりよく分からないまんま、ナビ通りに走行。
いやぁ遠いのなんの?!途中で腰が痛くなった。
到着したのは夕方の4時半〜でもでも、目の前に真っ白な姫路城!
母は大はしゃぎ〜暗くなって見えなくなったらどうしようか?!と
ヒヤヒヤだったが、とてもとてもきれいで素敵だった。
母は記念写真の連続〜お城前の公園ではもう紅葉が(いいね)
そんな中、思いがけない牧師先生からの電話〜カウンセリングを
してあげて欲しいとの依頼だ。また親友からは緊急支援要請?!
そして先日救急車で運ばれた方のご家族からは、退院報告。
今日の一日も何だかミラクル?!だったが守られた(感謝)
姫路の夕暮れを楽しんだ後、帰りは高速を思いっきり走行。
何故か、あっという間に豊中に着いた感じ(笑)
母の大好きなお寿司を食べて、先ほど帰宅。
今からは電話カウンセリング?になるかも〜では!