カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2015 >>
最新記事
カテゴリー
バックナンバー

今週の御言葉

テモテへの手紙 第一 1章15〜17節

「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた。」ということばは、まことであり、そのまま受け入れるに値するものです。
私はその罪人のかしらです。 しかし、そのような私があわれみを受けたのは、イエス・キリストが、今後彼を信じて永遠のいのちを得ようとしている人々の見本にしようと、まず私に対してこの上ない寛容を示してくださったからです。  どうか、世々の王、すなわち、滅びることなく、目に見えない唯一の神に、誉れと栄えとが世々限りなくありますように。アーメン。

                                     交読:詩篇124篇
                    2015年4月19日礼拝                                                                                                                                                 
ブログをお休み
ちょっとダウンしました〜ブログも少し休ませてください。。
新聞〜
4月15日の出発に際して、ジーザスロード新聞を送付。。
この数日はメールや電話のラッシュ〜ブログを読まれていない方々は、
母のことはご存知ではない。何気ない連絡にほとんど終始したが、特
にこの2日間は忙しかった。
そんな連絡の中で、体に弱さや病を抱えておられる人たちが数人おら
れて、互いに励まし合うひと時ともならせてもらった(感謝)
昨晩は眠りにくく、真夜中の3時過ぎに睡眠剤を服用〜ちょっと疲れ
が溜まっている感じ。そんな昨日、母はリハビリで歩行、また横にな
った状態で、不自由な左足も大きく動かすことができてびっくり!
今日は転院の方向が少し決まるかも?ただ主の御心がなりますように。
母と〜
昨晩はアルパインの夜〜真夜中にチキンラーメンを食べちゃった。
今朝は5時半に目が覚めたが、布団でぐずぐず〜しかし起きることに
した。今日はアルパインはお休み〜メンバーの部屋で朝食&お祈り。
そしてアルパインを出て、今は母の病室〜母はお風呂タイム。。
聖餐式のパンとぶどうジュースはメンバーが届けてくれて、12日の
同日に母も食することができた(感謝)
何があろうが、主の家族と共に母とおらせてもらおう〜大家族が揃っ
て、皆で看て行こう!と言ってくれている。何とありがたいことだろ
う〜一人ではでき得ないことも、力を合わせれば、どんなことでも大
丈夫だ〜ありがとう(^.^)
私に預けられた役割がある〜その一つ一つもさせてもらいたい。
母と顔を合わせ、もう一度仕切り直して、踏ん張る力をもらった。
4月15日
日付ぎりぎりの4月15日〜今はアルパインでの真夜中。。
今日は豊中近辺の病院の家族面談に、上の姉と二人で行ってきた。
もうすぐ1ヶ月が過ぎようとしているが転院が決まらない〜これも意味あ
ることとして受け止めてきたが、限界音があちらこちらから鳴っている。
今日の面談の病院からは、今週の金曜日に結論が出るよう〜しかし今入院
中の病院から、今日の午後一番に、来週明けには別の場所に転院して欲し
いとの連絡〜もう少し待って欲しいと言ったが難しいとのこと?!
さまざまな葛藤の一日〜仕事上も、社内でもいくつものトラブルがあり、
アップダウンの一日〜出発日にへこんだり、主の前に悔い改めたり?!
しかし今日は私たちジーザス・ロードの出発日〜とにかく主にある家族の
居るアルパインまで走り、共に祈りたいと願って、先ほど到着。。
また明日からの母の付き添いのためにも、ここまで来ておきたかった。
待ち構えてくれていた主にある家族と祈り、涙、涙、涙(ありがと)
いまやっとブログを書ける精神状態になった(^.^)いやはや無様だ。。
アルパインに到着したら、何やら大荷物が届いていた〜主にある遠方の
家族から愛情たっぷりの届け物〜ありがとうございます、また涙。。
いやぁファイトだ!主にあって生かされる道がある(感謝)
社内で
今日は久々に社内での仕事。
3月決算も、経理部長に任せっきり〜しかし私のしなければならない
ものがある。。今日はその仕事に従事?!
しかし先日階段から落ちかけて、手すりに思いっきりつかんだ腕や肩
が日増しに痛む〜昨日も息子施術師に特別治療をお願いした。
あちらこちらの身体にガタガタ音〜ただほんとうに皆さんのお祈りと
メンバーの支えの上で、勝手な動きをさせてもらっている(感謝)
明日は私たちの出発記念日の4月15日〜ただ主の御名を呼び、主を
見上げて、感謝して歩む団体、また私自身とさせてもらいたい。
今週の御言葉『私はその罪人のかしらです。 しかし、そのような私
があわれみを受けたのは、イエス・キリストが、今後彼を信じて永遠
のいのちを得ようとしている人々の見本にしようと、まず私に対して
この上ない寛容を示してくださったからです』(汽謄皀藤院檻隠供
私のような者が救われ、贖われ、今日まで生かされることができたの
は、ただ主の寛容と憐れみと愛による他ない〜苦難の時こそ、主にあ
る幸いを知り、見させてもらう。。『私たちの助けは、天地を造られ
た主の御名にある』(詩篇124−8)今週のもう一つの御言葉だ。。
週明け
昨日のジーザス・ロードの復活祭&出発式は、主の守りと恵みの中に
無事終了。。単身赴任のメンバーの見送り〜中学1年になったばかり
の娘がパパに抱きついたまま離れれない〜涙、涙、涙。。
アルパインメンバーは、3台の車でそれぞれに解散〜その内の一組が
聖餐式のパンと葡萄ジュースを持って、母の病院まで(ありがと)
皆を見送ったら、張り詰めていたものが崩れて、ちょっとへばった。
夕方からは美容室に行き、髪を10㎝ほど切り、1年2ヶ月ぶりに
パーマをあててもらった。まったく別空間の時間は、今の私にはあり
がたい。頭がしんどいことを聞いたり、考えることを拒否している
感じが、この近々ズーとある〜これじゃアカンと思いつつも、今は
いっぱい、いっぱいの自分に出会うばかり〜こんな日もあるさ?!
と開き直り?ながら、主の御名を呼びながらの毎日だ。。
今日は出社せずに、直行で重要会議に出席〜帰りは夜になる予定。。
母のところには、豊中から別のメンバーが私たちの代わりに付き添う
ために、朝から行ってくれている〜みんなに支えられ、助けられて
今日がある〜さまざまな困難や葛藤はあるが、主がおられる、そして
実際を担ってくれる家族がいる〜ありがとうございます。
今週の御言葉にあって、生かされる団体であり、一人一人とさせてく
ださい〜今週もよろしくお願いします。
合同礼拝
今日は豊中での合同礼拝〜今週の4月15日が私たちの再出発の日。
この日は主の十字架と復活を心から覚える日であり、アルパインの
契約日〜主人と私はこの日を改めて、結婚記念日とさせてもらった。
今週の水曜日が15日〜ここからアルパインは12年目に突入だ。
母が当たり前に居てくれての11年〜そして母の不在の出発式。
大きな変化に戸惑いながら、なおただ主により頼み、歩ませてもら
う他ない〜いやその道がいつも前にある〜感謝します。

昨晩は女性メンバーが運転してくれて豊中へ〜私は後部座席で横に
ならせてもらい帰宅(ありがと)夕方位から痛みがきつくなり、豊中
に着いたら気が抜け、あちらこちらに痛みが。。
お風呂から上がり、湿布を15枚?ほどベタベタ(笑)何とも臭い。
今朝はいつものように6時過ぎに目が覚めた〜布団でゴソゴソし
ていたが、7時半に起床。。母はどうしているだろうか?!〜
今日は上の姉が行ってくれる〜三姉妹で良かった(^o^)
今日の合同礼拝の上に、また新体制での出発の上に、主の守りと
導きと祝福がありますように。。