カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2014 >>
最新記事
カテゴリー
バックナンバー

今週の御言葉

エペソ人への手紙4章25〜30節

ですから、あなたがたは偽りを捨て、おのおの隣人に対して真実を語りなさい。私たちはからだの一部分として互いにそれぞれのものだからです。 怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。 悪魔に機会を与えないようにしなさい。 盗みをしている者は、もう盗んではいけません。 かえって、困っている人に施しをするため、自分の手をもって正しい仕事をし、ほねおって働きなさい。 悪いことばを、いっさい口から出してはいけません。ただ、必要なとき、人の徳を養うのに役立つことばを話し、聞く人に恵みを与えなさい。 神の聖霊を悲しませてはいけません。あなたがたは、贖いの日のために、聖霊によって証印を押されているのです。                                              
                        交読:詩篇67篇                                   
                        通読:使徒の働き20章                                           2014年10月19日礼拝                                                                                                                                                 
東京〜
昨日の講演会は、大変有意義な話しを聞くことができた。
また何よりその後に会った友人を通じて、支えられ、励ましを受けた。
また昨晩は久々の友人からの電話〜23時から夜中の2時過ぎまで。
取り留めのない話しばかりだったが、方向転換の光をもらった。
しかし、へこんだまんまの2日間を過ごしてしまった。
毎週新しく与えられた御言葉を、週始めに迫りと生きた体験をするが、
今週の試練は、厳し過ぎるプレゼント?!だった。
何がどうあろうが、主の命にあって受けるなら耐えることができるが、
自分の肉で受けてしまい、真っ暗ゾーンに入ってしまった(ぺこり)
『あなたがたは偽りを捨て、おのおの隣人に対して真実を語りなさい。
私たちはからだの一部分として互いにそれぞれのものだからです。
怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままで
いてはいけません。 悪魔に機会を与えないようにしなさい』
(エペソ4ー25〜27)悪魔に機会を与えてしまい、愚かな愚かな日
を過ごしてしまった。今も何も解決したものはないが、主に顔を上げ
る心位置に少し出れた気がする〜感謝します。
今日からは東京だ、たくさんの人たちと会う予定だが、まず心が主に
なければ、時も機会も活かすことが出来ない〜主の勝利がありますよ
うにと願う。行ってきま〜す^_^
今日は
昨晩は、またまた真夜中に。
心はへこんだまんま〜しかし、これが私の受ける分だと思っている。
今日は朝から来客の連続〜また午後は銀行主催のホテルでの講演会に
出席予定。その後も仕事の打ち合わせが入っている。
心が沈むと、また主の前に真剣に出る時が備えられる(ありがと)
明日からは3日間の東京出張〜まだ何も準備ができていない。
今日の一日も主の命にあって、生かされる道がある〜感謝します。
一喜一憂
今日は数字朝会&週間予定報告の朝。
朝一番から今の今まで、メールと電話の連続〜お昼は大ご馳走に^_^
また夜もお誘いがあり、今から出かける。
しかし今日の多くのメールや電話のやり取りに、さまざまな話しがあり、
思いっきり一喜一憂した一日となった〜光と闇の間を行き来した感じ。
ちょっと今は大へこみ状態〜ブログはちょっとお休みに(ぺこり)
大丈夫です
今日は豊中礼拝〜命の水が溢れて流れた恵みの時間だった。
礼拝後は、天に召された娘家族と、二人の娘たちとお墓に行き、その後は
ちょっと皆で買い物へ(こんなことは初めて)
でも途中からへばって早帰り〜ただ嬉しい嬉しい時間でした。
しかしブログを見た人から、次々に電話が?!すみません、大丈夫です。
今日は早く横になりますので〜心配をおかけしました^_^
疲れ
金・土はアルパイン〜金曜は明け方の4時に横になった。
寝不足と疲れが〜昨日は何とか必死で、気合で乗り切った?!感じ。
主にある弟企業の方々と、専門家の人が金曜日に、プールで気になっ
ていた箇所を、水を抜いた状態で再点検と工事予定で来館。
本格的に診断してもらったら、このままでは危険で、使用不可能状態
であることが判明〜私自身は理解不能?!しかし説明と実際を見て行
く内に背中に冷や汗が流れた。大規模工事だ〜必要なものがいくつも
ある〜改めて工事?!しかし日程が互いに合わず、次のプール予約が
入っている。主はこのすべてを、金曜日当日に用意してくださってい
て、この日でなければならなかった(うーん、凄い!)
主は生きておられる〜私たちの必要をすでに準備していてくださった。
信じられない状況を聞き、確認し、胸がドキドキ高鳴った(感謝します)
とにかく厨房もフロントもすべてのメンバー全員を集合させて、人海
戦術で工事準備〜いやぁ凄い!
工事は想像を超える大規模工事〜終了したのは、昨日の夜。
丸々二日間〜言葉では言い尽くせない細やかな作業の連続〜ただただ
感謝するばかり!4名の専門家の方々の仕事の横で、ただ祈るばかり。
また私自身は半年ぶりの、学び会があり、掛け持ち〜この会も大きな
節目を迎えていて、胸が詰まる思いだった。
昨日は会のメンバーは15時過ぎに帰られ、私は工事終了まで共におら
せてもらい、お見送りをして帰路へ。
帰宅したら口もきけないほどの疲れ〜何本もの連絡やメールにも対応
できないまんまダウン〜今朝もちょっと疲れで、動き辛い状態だ。
今日は聖日〜もうすぐ豊中礼拝〜ただ主の管となれますように(祈)
選択
今朝は、私が当番の週末朝会。
今週の御言葉を土台に、導かれるまま?に話しをさせてもらった。
毎日がミラクル?!自分の心が波立ち、揺れ、アップダウンするの中
で、光と闇を見る。主を見上げるか?!人や出来事を見るのか?!自
分の言い分や感覚を一とするのか?!私は毎日、毎瞬、揺れ動くが、
主を第一として生きる道を、主の命にあって選択し、生かされる者で
ありたい〜それ以外を追い求めるなら、真に生きるとは言わない〜
また私自身が生きて行きたくないと心から思っている。
今私の周辺には、心を病んでいる方や、そのご家族との交流が多くあ
る〜これからの私の歩みに、何らかの影響があるのかも知れない。
主の御心を求めて、心の耳と目を凝らして、主に従いたいと願う。
今日は主にある弟企業の代表者と社員の方々が、アルパインのプール
のために来館してくださる。私は半年振りの、月に一度の会があって
アルパインに行くことになっている日だ〜午前中の所要を済ませ、午
後には豊中を出たいと思う。
言い分
今朝は30分遅刻で出社(ぺこり)
この2週間は、気がかりな方々からのメールや電話の連続の日々だった。
一昨日の夜も真夜中の電話〜昨晩も夜中1時半のメール〜大変な問題の
中にそれぞれがおられる。しかし私には複数の連絡、そして現実の試練
〜ちょっと厳しすぎる日々が続いているのが実情だ。
結局昨晩も3時半に薬を飲み、休んだのが現実だ〜ちょっと大変。
しかし自分が大変な方々は、人を省みる力はほとんどなく、厳しい言葉
が飛んでくる〜何故こんな風に言われなければならないか?!と思うこ
ともしばしば。しかし主に目が向けると、私の言い分はすべてが消えて
しまう〜どれほどの憐れみと、許しと恵みをもらっていることか?!と。

明日は週末〜今週の御言葉『あなた方がたが良いとしている事がらによ
って、そしられないようにしなさい』(ローマ14−16)とある。
カウンセリングや心のゴミ箱は、私の役割であり使命だと思いながらも、
実際の日々の歩みに疲れ(もう堪忍してよ)と思ってしまう本音もある。
しかし主は最善を与えておられる〜揺るがない思いが自分に戦いを挑む。
すると私の言い分は消え?主の御心を求め、認め、従う心に変わる。
私の愛や言い分は、ほんの僅かだ〜主の愛の前に、言い分のすべては敗
北する〜何と幸いなことだろう。明日はまたアルパインだ(嬉しいな)
今日は早く眠れたらいいなぁ〜では!