カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
  最新記事
  カテゴリー
  バックナンバー
   

今週の御言葉

hayanee-photo.jpg
2017年7月16日礼拝

交 読:詩篇20編
通 読:ヘブル人への手紙 2章
御言葉:使徒の働き9章1〜6節 18〜20節

さてサウロは、なおも主の弟子たちに対する脅かしと殺害の意に燃えて、大祭司の
ところに行き、ダマスコの諸会堂あての手紙を書いてくれるよう頼んだ。それは、
この道の者であれば男でも女でも、見つけ次第縛り上げてエルサレムに引いて来る
ためであった。ところが、道を進んで行って、ダマスコの近くまで来たとき、突然、
天からの光が彼を巡り照らした。彼は地に倒れて、「サウロ、サウロ。なぜわたし
を迫害するのか。」という声を聞いた。彼が、「主よ。あなたはどなたですか。」
と言うと、お答えがあった。「わたしは、あなたが迫害しているイエスである。立
ち上がって、町にはいりなさい。そうすれば、あなたのしなければならないことが
告げられるはずです。」
するとただちに、サウロの目からうろこのような物が落ちて、目が見えるようにな
った。彼は立ち上がって、バプテスマを受け、食事をして元気づいた。サウロは数
日の間、ダマスコの弟子たちとともにいた。そしてただちに、諸会堂で、イエスは
神の子であると宣べ伝え始めた。                                                                                                                                                   

    

今日は車検でディーラーに車を持ち込む。

57歳で免許を取得して丸8年になる〜走行距離は10万キロに。

主人が癌になる1年前に取得〜1年だけは彼に横に乗ってもらい

指導?!運転上手な彼には厳しく叱られ?へこみ、抵抗した(笑)

しかし彼が胃癌になり吐血〜後部座席で横になってもらい、輸血

に通った日を想い出す〜彼から私への運転〜辛い、切ない運転手
チェンジだった〜いまならもしかしたら叱られずに、どこへでも

二人運転で行けたかもしれないなぁ〜胸キュン。。

この近々の母〜食事がとても少なくなり、高カロリージュースで

保っている〜大好きなスイカも、口には入れるがすぐに吐き出し

てしまう。昨日も(家に帰りたい!)と何度も何度も言い続けた。

祈ってきたが、何とも言えない切なさで、へこんでホームを出た。

夕方は入院中の人をご家族と一緒に見舞い、担当医師からの説明

を受けた〜血液検査結果やいまの現況を聞き、今後の病院の方針

や考えを伺ったが、まったく腑に落ちなかった???またホスピ

スでの緩和ケアーができる病院の紹介をする〜と。来週半ばには

本人と家族で、方向決定をするようにとのこと(うーん?!)

 

今日からアルパインは繁忙期に突入〜本来なら私はアルパインに

いて、祈ってスタートするのが本来の役割。しかし今日は昼も夜

も、いま私が担っている大役の相談ごとで約束がある。また明日

も明後日もアポが詰まっている〜今日はfaxで、アルパインメ

ンバーに(繁忙期のスタートをよろしくお願いします)のエール

を送った(頼みます〜ぺこり)私は日曜の夜から2泊3日でアルパ

インに入る予定だ。この繁忙期のすべてのすべてに、主の守りと

励ましと祝福が豊かに、豊かにありますように(祈)

 

今日は母のホームへ直行することを連絡し、まだ自宅での朝。

昨日はあまりの忙しさにブログは少しだけに〜体調不良の人の

連絡をはじめ、クレーム対応やカウンセリング〜そして大切な

中国からの会いたい人の来社〜また金融機関からの連絡やその

他にも電話やメール(うーん)また大きな決断の時も?!

何より入院中の人の容態がおもわしくなく、今日はご家族と一

緒に医師との相談をすることに。本人とはいのちの終わりのこ

とも〜天への旅立ちの準備も洗礼もすませている。

またいのちの終わりを目の当たりにしている〜言葉にならない

痛みと葛藤がある〜ただ痛みの緩和と平安と慰めがいっぱい、

いっぱいありますようにと祈る。いまも病院からの電話と、親

しい人からの連絡で長電話〜みんなみんな多くの戦いの中だ。

昨日の篠山での会合〜心のアップダウンを自覚〜葛藤の3時間

だった〜主にあるいのちと、私の思いが交差してへとへと?!

でも私の道は一本道〜主に従うだけ〜私のでしゃばる思いが、

ただ私を苦しめる。しかしそんな私をすべてご存知の主が、私

を管理し、勝利して、必ずみこころの道へと導いてくださる。

主に信頼し、期待するばかり〜よろしくお願いします。

今から母のところに行き、出社予定〜では。。

 

 

今日は週明けの数字&週間予定報告の朝。

朝からあまりに多くのやるべきことが山積〜またそこに重要な

電話とメールのラッシュ(うーん)

今日はもうすぐ中国からの息子宣教師が来社予定〜一緒に昼食

を食べに行くことになっているが(ムム…)

また午後3時には会社を出て、重鎮との打ち合わせのために、

篠山に走ることに〜今日はここまでに(ぺこり)

 

昨日は豊中礼拝〜高校1年生の男子が初司会。

緊張した面持ちでスタート〜若い力が育っている(隠し写メ)

私にとっては孫たち〜総勢16人になった(ありがと)

近々来られている方々も、子どもたちも出席の礼拝〜できるだけ

その一人ひとりに届きますようにと、祈りながらの取り次ぎ。

子育てで悩んでいる新米ママも〜進路で迷っている中学生も、体

調に弱さを抱えている方々も、仕事の悩みを持っている人もいる

〜家族が夫婦が親子がいくつもの問題をそれぞれに抱えている。

でも主の愛が一人一人に流れて行くのが分かる〜解決は主にしっ

かりとつながり、真実に主の前に出て、主を信頼して主に従うこ

とだ〜私は背後から祈って行くばかり〜お願いします。

午後はほんとうに久しぶりの娘会〜私と4人の娘との会だ。

5時間のすっぴんタイム〜そして恵みとほっこりなひと時だった。

二次会行こうと迷いながら歩いていて(じゃ〜ここに入ろう)と

した途端にひとりの娘のサンダルが切れた(わぁ!)みんで(こ

こは違うと神さまは止められたなぁ)と話しながら近くの靴売り

場に〜すると私の目には(これだ!)と思うサンダルが目に飛び

こんだ〜実はその娘の誕生日が少し前〜履いてみるとシンデレラ

のようにその娘にぴったり〜プレゼントに(ああ嬉しい〜素敵)

とても嬉しい涙を何度も何度も流しながらの、楽しい嬉しい真実

な娘会だった(ありがとう)今から母のホームに(では)

 

 

 

思い出の散歩

 

思い出が過去に話しかける

すると過去はおどろく

「長い年月の間に事実が独り歩きして

 ずいぶん話しが変化しましたね…」と

また過去は言う

「あなたの思い込みの散歩道を

 あなたの独りよがりの散歩道を

 あなたの卑屈さの散歩道を

 あなたの思い上がりの散歩道を

 あなたのヒロインの散歩道を

 歩き回りましたね…」と

それから過去は

「今度は思いやりの散歩道を

 真実をもって散歩して会いたいものです」

と淋しげに語って消えていった

  BACK    | 1/933 PAGES |    NEXT  >>

▲このページの先頭へ