カレンダー
最新記事
カテゴリー
バックナンバー

今週の御言葉

ルカの福音書12章2〜5節

おおいかぶされているもので、現わされないものはなく、隠されているもので、知られずに済むものはありません。 ですから、あなたがたが暗やみで言ったことが、明るみで聞かれ、家の中でささやいたことが、屋上で言い広められます。 そこで、わたしの友であるあなたがたに言います。からだを殺しても、あとはそれ以上何もできない人間たちを恐れてはいけません。 恐れなければならない方を、あなたがたに教えてあげましょう。殺したあとで、ゲヘナに投げ込む権威を持っておられる方を恐れなさい。そうです。あなたがたに言います。この方を恐れなさい。                                              
                        交読:詩篇146篇                                   
                        通読:使徒の働き21章                                           2014年10月26日礼拝                                                                                                                                                 
お休み
少しの間、ブログをお休みさせてもらいます。
ひと休み
昨日は1時間の遅刻、そして2時間早くの早退(ぺこり)
ちょっとひと休みの日とさせてもらった〜腰やあちらこちらに疲れと
血流不足を感じながら、ゆっくり(ありがと)
今日からはまた約束の連続〜しかし予定は未定だ〜先ほど、親しい青
年からの電話〜遠方からご両親と弟さんが来阪とのことだ。
このご家族は私の最も敬愛する方々〜大阪に来られた時は必ず、お会
いしたいといつも伝えている。そんな訳で、明日の予定を変更しよう
と?!している。しかしすべては主の御手の中〜御心だけがなります
ように(祈)昨日のひと休みを感謝。。
今日は2つの約束〜1つはとても中身の重い時間となる?だろう。
では出かけます。。
命の力
私のブログを読み、いつも心配して、支えとぬくもりを届けてくれ
る主にある姉がいる〜昨日も御言葉と共に、応援メール。
『何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる
祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきな
さい。そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなた
がたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます』
(ピリピ4−6・7)『あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆ
だねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです』
(汽撻謄蹌機檻掘北燭領箸離瓠璽詈悄全脅佞靴討い燭世い拭。
私の霊と魂は御言葉の糧によって生かされている〜肉なる糧は、ま
たアルパインの食に仕える人によって、支えられている。
また2年前から外部集会で関わりをいただいている、素敵な二家族
がいる〜その内の一人の青年からのメールの一文を紹介したい。
「・・早川さんの忙しさや試練の多さに、ついつい自分たちに何か少
しでも力になれることはないかと思ってしまいます。でも何より自
分たち家族や自分が主に従い、その姿で励ましになりたいです・・」
(一部抜粋)こんな最高の励ましを届けてくれる主の家族もいる〜
何よりのエールだ〜何と、何とありがたいことか?!ありがとう!
私の霊肉ともに、多くの方々に支えられ、祈られ、愛されている。
主にある人たちも、そうでない人たちも、歳月の長さや短さではな
く、主の前にも、人との間にも、本物だけが残って行くとつくづく
思う〜兄貴たちとは来年で50年、ジーザスロードは31年だ。
主から命をいただき、主の命は、御言葉をいただき、多くの方々と
のつながりで、今日も命は生かされている〜感謝します。
私も命の力や糧を届ける管として、なお生かされたいと心から願う。
兄貴たちと
昨夕の突然の来訪者とメンバーでわいわい〜その後は一緒に電車で途
中駅まで〜本当に久しぶり!〜短い時間だったが楽しかった。
また昨晩の兄貴たちとの時間〜一人の兄貴とは2ヶ月に1度は会って
いるが、もう一人の兄貴とは年に2度位。
その兄貴が、昨年の10月に天職と思える仕事に終止符〜日産自動車
から整備のプロになり、別の整備専門会社に入社し、トラックから外
車まで、兄貴の右に出る人はいなかった技術者としての29年。
しかし突然辞表を出し退社した?!昨年末に会った時は、体調不良と
言っていたが、昨晩やっと実際の話しをしてくれた。何とも腑に落ち
ないまんまの一年だったが、ああそうだったのか?!〜まるで昔の3
人に戻ったような本音トークに花が咲いた〜胸が詰まるほど、いい時
間だった(ありがと)しかし残念なことに、私は体調が悪く、途中か
らまったく食べれず、飲めずになり、気分が悪くなった(あーあ)
自己管理不足であり、主の前にも大きく問われている〜本当に反省だ。
兄貴たちは、私より2歳上、他にも49年〜46年来の共通の人たち
が7人いる。今年の春にアルパインに来てもらう計画があったが、私
側の理由で流れた〜では忘年会?!にと話しは出ていたが、今年は大
阪での開催となった。11月に8人全員集合予定との連絡(いいね)
兄貴たちと別れた後、やっぱり気分が悪くて、豊中まで電車に乗るの
がやっと〜何とか帰宅したが、ちょっとボロボロだった(アカンね)
今朝は1時間遅刻して出社〜今日は社内にいる予定。。。
また明日
今朝はアルパインの朝〜昨晩の女会は1時半だった。
朝一番は母の来客の方を、母と一緒に篠山口までお送りした。
帰り道は母と祈り合いながら、アルパインに超スピードで帰館して
9時半からの朝会に出席(ふぅ)朝会でも祈らせてもらい、決め事
や打ち合わせ事項を済ませて、次の待ち合わせ場所に移動。
今帰社したが、突然の来客で、ブログはここまで(ぺこり)
この後は49年会の兄貴2人と十三で待ち合わせ〜また明日。。。
アルパインへ
昨日の礼拝後は、さまざまな要因で、またまた心ダウン。
娘たちがホールにいたが、声を掛けずに帰宅〜こんなことは多分初め
て?!心配をかけてしまったよう(ぺこり)
その日が終わるまでに、光の前に出たいと願っていたが、そのまま横
になってしまった。すると今朝5時前に、突然オーディオのスイッチ
が入り、ランプが点灯。不思議を覚え、気になりながらもスイッチを
消して、また横になった。するとモータ?か何かの強い音が聞こえた
(神さま!)と叫びながら飛び起きた。不安と恐れが全身を覆い、気
がつくと1時間祈っていた。そのまま起きて、身支度を〜何と傲慢な
姿か?!今週の御言葉で『神を恐れよ!』と語られたばかりのその日
に、真反対の私の姿〜これが私だ。
いつも新たな御言葉を、このようにして体中で学ばせてもらう。

今日は週明けの数字朝会&週間予定報告の朝。
暗闇の中に座り込んでいた者に、小さな光をもらい、何とか出社。
朝一番から2部門の打ち合わせ〜その後は経理との今日の課題を成し、
アルパインに向かって走った。今日は遠方から母と私の知り合いの方
が来館〜感激の再会(ああ良かった)
14時からはアルパイン礼拝〜真顔で主を求める時間となった。



ショック
昨日の水隣の理事会で、一人の方が退職された報告を冒頭に受けて、
大ショック〜私にとっては最も信頼していた方のお一人。
7月にも個人的にも話しをし、今後のことについても具体的に話しを
していただけに、淋しさと何で?という思いで、いっぱいになった。
理事会の最後の祈りは、私に託され、頭はその方のことが占領した上
に、議事の内容もとても重く、真剣な真顔の祈りとなった。
退職理由は個人的なこととのことで、まったく語られず、余計に辛さ
が増した。電話をしたが、留守番電話〜メールも入れさせてもらった。
夜遅くに返信メールがあり、まだ未定だがお会いしたいと、また返信
をした。あまりに突然のことで、心内は引きずったまんまだった。
夜は階下のお店の餃子&音楽〜会いたかった女性の方も来られ、早く
帰るつもりがまたまた遅くなった〜でも有意義な恵みのひと時だった。

今朝は聖日礼拝〜5時起きで、新しい御言葉を受けさせてもらった。
今日は水隣礼拝と豊中礼拝の日。
東京出張に引き続き、水隣のダブル往復はちょっと堪えた〜抱えた胸
の痛みも合わせて、なかなか辛い2日間だった。
しかし会うに、別れるに、すべてに時ありだ〜当たり前のことながら、
私の知ると知らざるとに関わらず、さまざまなことが起こっている。
親友からの電話とメール〜あまりにもきつい(うーん神さま!)
また今日の水隣礼拝に出席してくださったお世話になっている方は、
抗がん剤の副作用で、いくつもの症状が出て、やっとの出席だった。
礼拝は、どちらも主の憐れみの中で、守られ?!恵みの御座だったと
思う。ただ現実に戻ると、成すべきことも、思い煩いも山積〜さてさ
て、どうしたらいいのだろうか?!ただ祈るばかり。。